遺品整理の手続き【プロがすぐに駆け付けてくれる】

お部屋の整理業務

ダンボール

人気を集める業者

2030年に高齢化率33%を迎えることで問題視されている現在では、未婚者率も高まることで孤独死にも対応した遺品整理業務が福岡でも注目を集めています。政府からも高齢者の2人に1人が孤独死を迎えるという統計も出ており、これからますます遺品整理業務という仕事の需要度が高くなるに違いありません。そうした中で福岡では、特別な技術や知識を必要としない遺品整理業務の独立開業が大変人気となっています。独立開業には、国家資格というものが存在しませんが、民間の遺品整理士資格や一般廃棄物収集運搬許可、買取の提供に必要な古物商許可があれば開業できる職種です。しかも、福岡だけでなく九州全域で遺品整理業務に携わるセミナーが開催されており、独立開業に必要な知識が身につけられることから多くの方が利用されています。独立開業には、フランチャイズ契約を結ぶ方法と独自に開業する方法に分かれますが、加盟金や開業資金の少なさからフランチャイズでの独立開業が脚光を浴びています。フランチャイズ方式なら、遺品整理に必要なノウハウも研修によって身につけられ、評価の高い大手遺品整理業者という看板を利用できるため、集客にも力を貸してくれるのが大きな利点です。一方で独自に開業する方法では、競合他社もいるため安定した売り上げを見込めるまでには多少時間がかかりますが、売り上げ全部が自社となるため得る利益も大きいことから絶大な支持を得ています。遺品整理という業種は、福岡でも依頼を受けてから遺品の仕分けと廃棄、清掃して終わりという簡単な仕事のように見えますが、遺品整理業としてのルールも大事です。遺族の方と信頼関係を築きながら信頼度を上げるように努力し、安心できる会社になるよう独立開業を目指してみると良いでしょう。